家

セミナーでしっかり予習して取り組む|マンション投資のリスク学習

単身者の就労を増やす目的

案内

コスト増がネック

企業が社員のために住宅を用意するケースはよくあります。その方法はいくつかありマンションの部屋を会社が一括借り上げして社宅のように利用する方法や物件自体は住民が自分で探すが、家賃負担を会社が行う方法など様々です。マンションの部屋を複数戸一括借り上げするケースは、比較的、単身転勤者が多い会社にあるケースです。単身者は自分で部屋を探すのも大変であり、その人数が多ければ会社が用意したほうが入居がスムーズに住むメリットがあります。また家賃負担も一定なので会社もコストを試算しやすくなります。しかし空き部屋を作ってしまうとコスト増になってしまうため、できる限り空き部屋を発生させないように社員を住まわせるのがコツです。

労働者には人気の企業

一括借り上げを用意している会社は人気があります。単身で大都市に出てくる人も多くいますが、一番困るのが住居探しです。家賃のほか引っ越し費用や敷金、礼金など費用は掛かります。しかし住宅付きというフレーズを用意している会社であれば、住まいを探す手間を省くことができ、地方から大都市に出てくる人にとって安心して仕事をすることができます。しかも大都市の高い家賃の中でも、住宅手当があるため、経済的にも負担がかからないところが人気の理由になっています。マンションの一括借り上げを行なう場合には、大手の不動産会社に相談するのが良いでしょう。大手の不動産会社であれば、多くの物件を保持しているため、一括借り上げの相談をしやすいのです。どのような条件で一括借り上げを行なうのか、どのような手続きが必要かなど、契約前の疑問点にも、丁寧に応えてくれる不動産会社を選択しましょう。