家

セミナーでしっかり予習して取り組む|マンション投資のリスク学習

保証がしっかりしているう

グラフ

家賃保証システム

サブリースとは、アパートやマンションの家賃回収を含む管理全般を委託できるシステムで、家賃保証システムとも呼ばれています。サブリースは、最近広まってきた方式ですが、大手の建設会社から、中小の会社まで行いつつあり、一般的なシステムとなってきている印象です。この方式の最大のメリットとしては、30年の契約期間のうち、3年から5年の更新時まで家賃を固定できることがあげられます。これにより、3年から5年間は、入居者がある限りは、大家さんは固定した収入を得られることが可能となります。さらに、入居者への家賃請求義務は管理会社が負うことになり、大家さんが入金遅れに気をもむ必要がなくなるのが、心理的負担軽減となります。

家賃保証の利点

30年のサブリース契約のうち、最初3年から5年の固定期間を経過しますと、続けてさらに同期間の契約更新となります。その際には、もちろん新築ではないことから、当初の固定金額からは減額が予想されます。ただし、管理会社も家賃がそのまま下落していくことは望まないため、修繕等を行いその家賃下落を最小限に抑えるように努めているようです。そうした、修繕にかかる費用や、計画も管理会社が行っているため、大家さんがこうした手間をかけることやそのための資金を別に用意する必要がありません。もちろん、このような費用は、管理手数料として、毎月徴収家賃分から引かれることになるのですが、計画的に費用をためていくと考えれば、むしろサブリースの方式は、合理的であるともいえます。